令和元年度補正予算 事業承継トライアル実証事業 事業継承トライアル

中小企業者と、次世代の後継候補者とを
つなぐ・育てるマッチング事業
あなたのスキルと経験で、
中小企業の未来を
切り拓きませんか?
中小企業者の方後継を検討する方

事業承継トライアルとは
ABOUT

第三者への事業承継を検討する中小企業と、後継者として入社を検討する外部人材とをマッチングし、入社後の経営者教育をサポートする中小企業庁の事業です。
入社した後継候補者が未来の経営者として成長できるよう、経営の専門家であるメンターが企業の人材育成をフォローします。後継者育成を通じて、現在の経営者から未来の後継者へと円滑な事業承継が進むことが本事業の目的となります。

事業承継トライアルの特徴
FEATURE

第三者承継(外部招へい)に向けたマッチングを実施

経営者の親族や従業員に後継者候補がいない場合などに、社外の第三者を自社に招き入れ、承継候補者とすることを「第三者承継 外部招へい)」と言います。事業承継トライアルでは、外部招へいによる事業承継を検討している中小企業と 、 一定程度の経営知見を保有し経営意欲のある社外の人材 後継候補者を募集し、両者のマッチングを実施します。「自社の事業を後世につなぎたい」「雇用を確保し、地域に貢献したい」という中小企業と、「経営に興味がある」「自らのスキルや知見を活用したい」という人材の、事業承継やキャリアの選択肢を広げます。

※マッチングの実施方法・スケジュール等は都度変更になる可能性があります。

入社後の経営者育成フォローアップを実施

事業承継トライアルでは、企業と後継候補者のマッチングに加えて、入社後の後継者教育を事務局がフォローします。企業の作成した育成計画をもとに、中小企業の専門家メンターによる定期カウンセリングや 集合型研修を、現経営者・後継候補者の双方に実施。雇用後に実施される企業の育成費用の一部を国が補助します。後継者候補の入社はゴールではなくスタート。育成課程において現代と未来の経営者が十分なコミュニケーションを取りながら、円滑な事業承継実現を目指します。

事業承継トライアルの流れ
FLOW

01

本事業への応募

本事業への応募を検討される中小企業オーナーの方、後継を検討する方は、別ページの公募要領を確認の上、申請書類を作成して事務局まで郵送ください

02

マッチング・雇用(入社)

マッチングとその後の個別の企業面談等を通じて入社意思が確定した企業と後継候補者は、(原則)雇用契約を締結し入社準備を進めて頂きます

03

育成フォローアップ

企業が作成した育成計画に沿って、 OJT/OFF-JTでの教育が実施されます。経営の専門家であるメンターが企業を訪問し、後継者育成をフォローアップします

それぞれのメリット

中小企業者の方

  • 親族や自社以外で後継候補者を探したい
  • 第三者承継において課題になりがちな
    「育成」の実効力を向上したい
  • 自身の経営ノウハウ・経営知見を
    体系的に後続に伝えていきたい
詳しくはこちら

後継を検討する方

  • 自分の能力・キャリアを活かせる
    中小企業に出会いたい
  • 未来の後継者として、経営力や事業についての学びと成長の場が欲しい
  • 自分自身の働き方を見つめなおし、キャリアアップ・企業経営を行いたい
詳しくはこちら
事業承継トライアル事業への
お問い合わせ、ご相談はこちらからどうぞ
お電話でのお問い合わせ
070-1736-4333
090-9838-4595
営業時間:10:00-12:00/13:00-17:00(土・日・祝日除く)
メール/フォームでのお問い合わせ
お問い合わせフォームはこちらお問い合わせメールアドレスはこちら
js-trial@tohmatsu.co.jp